中国語を基礎から徹底的に中国短期留学必修!!

中国語を初歩から本格的に学び、集中的にマスターしたいと考えている方のためのコースです。2年間で「聞く」「話す」を中心にしながら、オールラウンドの中国語力を養い、2年次には中国への短期留学が必修となっています。中国語検定準1級、HSK6級を目指します。
本科授業の様子

中国語本科の特徴

特徴1

2年生編入、既修単位振替可能!!

高校、大学や他の語学学校ですでに中国語の基礎を修了した方は2年生編入も可能です。日中学院では既修単位の振替ができるため、2年生に編入すれば最短1年で卒業・専門士を取得できる場合もあります。

特徴2

中国人留学生との交流

中国人講師が半数以上を占め、日本語科には中国からの留学生が在学しているため、身近に生きた中国語を勉強できます。また、留学生との交流イベントも多く、まさに日中友好の実践の場と言えます。

特徴3

専門士取得

本科2年間の課程を修了すると、専門学校卒業資格と同時に「専門士」の称号が付与されます。「専門士」 とは、短大・高専卒業者に与えられる「準学士」と並ぶ称号で、取得者は大学2・3年次への編入が可能です。

特徴4

東京外国語大学3年次編入も!

卒業後は、商社、メーカー等へ就職、長期留学、本科研究科に進学などの道があります。また、指定校推薦制度等により、大東文化大学、神奈川大学、明海大学、目白大学に、一般編入で東京外国語大学等への編入実績もあります。

カリキュラム

本科授業内容

1年次

教材は主に華東師範大学編「基礎漢語40課」を使い、ゼロからのスタートで「読む」「聞く」「話す」「書く」の総合力を養っていきます。

2年次

1年次に身につけた基礎をもとに、中国で出版されているテキストやオリジナル教材を使用し「聴解」「作文」「講読」「会話」などの応用力を養います。また中国語以外の選択科目を通し、中国文化への理解を深めていきます。

学期区分・時間割

前期:4月10日~9月30日 (夏休み 8月1日~8月31日)
後期:10月1日~3月20日 (冬休み 12月21日~1月9日)
※春休み 3月21日~4月9日
本科授業の様子

授業時間

月~金 午前9時~午後1時10分(午後2時30分)

時間割

※下記時間割は一例です
一年次時間割

1・2時限 聴解基礎 基礎漢語 講読演習 基礎漢語 社会(現代史概論)
3・4時限 基礎漢語 基礎会話 基礎漢語 基礎漢語 基礎会話
5時限 社会(現代中国論) 基礎漢語 基礎漢語

二年次時間割

1・2時限 応用漢語 作文 応用漢語 聴解2(ニュース) 応用漢語
3・4時限 講読演習 会話1 聴解1(映画) 会話1 社会
6・7限時限 選択科目(日本語教授法) 会話2 選択科目(太極拳/英語)

取得単位

中国短期留学

本科生は中国の大学での短期留学が必修になっています

2年生の6月下旬から7月下旬までの約1ヶ月間、中国の大学で短期研修を行ないます。1年生の時に、基礎単語の暗記・文型練習を通して中国語のストックが相当でき上がったはずです。そしてある程度まで中国語で考えられるようになりました。今度は実際に中国に行って使ってみましょう。そして、実際の中国の社会をのぞいてみましょう。旅行とは違った中国の姿がはっきりと見えてくるでしょう。この中国短期留学で味わった喜びや失敗は、必ずその後の中国語学習に役立つはずです。

短期留学1日のスケジュール

短期留学実施要項

期間:6月末(土)〜7月末(日)
留学先:中国人民大学
日程:

  • 6月末 : 成田出発、北京到着
  • 2日目以降~ 中国の大学にて中国語の研修。会話・聞き取りに重点の置かれた授業です。市内観光、郊外観光、京劇雑技鑑賞もあります。
  • 7月末 : 帰国

費用:約230,000円(食費・パスポート取得費用およびそのための手続き料・保険料などは含みません)※円のレートによって若干の差異が出ます。費用については、1年入学時に10万円を、そして実費の残額を2年進級時に積み立てることになります。

お問い合わせはこちらから